店も多くなっている

目を瞑っている男性

マッサージ系の風俗というのは、一風変わった感じが良くて定期的に通ってしまう人は多いと思います。
実は私もその1人で、月に1回くらいのペースで通ったりしています。
最近思ったのですが、このような風俗店はマッサージの技術という点に力を入れている気がしますね。
そのため、風俗という意味でなく単純にエステという意味で通う人も多いようですよ。

他の風俗店と差別化を図るため別の道へ

最近では風俗にたくさんの種類が存在していますよね。
ソープ、イメクラ、ヘルス、オナクラ等様々な分野がありますよね。
なので、それぞれの種類の店はどうにか他の店を出し抜こうとしている訳なんですよね。
そこでマッサージ系のお店が取った方法は、性的サービス以外に力を入れるということなんですね。
そうすることより、他の種類のお店と差別化を図ったわけなんです。

基本的には触られるだけなので気分的には楽

他の風俗は女の子に触ったりすることが出来ますが、性感マッサージの場合はほぼ触られるだけです。
もちろん店によってオプションとかもあるでしょうが、軽いタッチは出来ても本格的に弄るってことはほとんどの店が出来ないと思いますよ。
でも、ただ寝てるだけで気持よくしてくれるから非常に楽なんですよね。

基本的にはMの人向けサービスになっている

マッサージ系の風俗は受け身の人、つまりMの人はかなり好きかもしれませんね。
動かずに相手が自由に身体を触ってくれるという状況に興奮してしまう人は多いのではないでしょうか?
私も若干Mではありますが、やはり触るよりも触られる方が好きですね。
そういう人にこのサービスは向いているのではないかと思います。

”お店というのが嫌なら自分の家かホテルでも出来る

店舗型のお店の場合、気になって集中出来ないから勃起すらしないという人は多いみたいですね。
特にMの人って何故かそういうのが異常に気になる人が多いらしいです。
そういう時はデリバリーで自分の家かホテルに来てもらいましょう。
そうすることにより、二人きりの空間を作り出すことが出来るのです。
精神的にもその方が楽だと思うので、是非利用してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加